« タロットから 8/11の伝言です | トップページ | 懐かしのビデオ »

2017年8月11日 (金)

未来へのBookingvol32U理論イノベーションはこれまでと違った行動から

元気、活気、熱気、(翔貴)!本気、根気、勇気、(翔貴)!

はい、世界の次世代開拓者に無限の可能性が開花するきっかけを与えるリーダー!
shokyでーす!

これから甲子園でーす。
一塁にヘッドスライディングするだけで泣けます。
本題に入る前に1つ質問します。
あなたは偏見や固定概念にとらわれず過去を完了できていますか?
はい!
と答えられた方は、この先を読まないで下さい!
この先を読む時間があるなら、過去を肯定的に解釈し未来を創り出してほしいからです。
いいえ。
うーん、、、。
となった方は、ぜひこの先を読んで下さい!
必ずお役に立てることを約束します!
前回のブログでは、20歳のときに知っておきたかったことをご紹介しました。

あのブログを読んで、チャンスに気付き、成功へと突き進んで頂けていたら幸いです。
人類の最も偉大な発明は新しいものを創り出す方法そのものである。
自分たちがどのようにものを見ているかを観るには、開かれた思考、開かれた心、開かれた意思が必要である。
開かれた思考とは、当たり前のように信じていた過程を捨て去ることから始まる。
開かれた心とは、新たな行動には気付きが経験の枠から踏み出すこと。
開かれた意思とは、我の心の一番深いところにある願いを明らかにすること。

過去の足かせを外したい!
偏見を持たずに人と接したい!
そんな方にオススメな本がこちら。
U理論
byC-オットー-シャー

って思うだろう。
しかし、著者は言う。
リーダーシップとは、誰よりもよく全体に耳を傾けることである

本書では4つの聞き方を推奨している。
自分が知っていることを再確認するダウンローディングする聞き方。
評価や判断の声から離れ事実や知識と合致しない新しい情報に注意を向ける聞き方。
自分の損得は忘れ、他の人の視点から世界がどう見えているのか感じる共感的傾聴。
未来が出現している領域から聞く生成的な聞き方。
これらの聞き方を通して、自分自身をメタ認知し、他者を客観的に捉えていく。
そうすることで、次第に自分の解釈を混ぜずに、公正的に人と接し、過去の自分とも向き合える。
因みに私はこの本を読んでから、過去と未来を切り離すようになった。
サーカスの象が暴れない理由は、幼い頃、足を鎖で繋がれ、暴れないように躾したところ、大人になっても、その自己イメージが刻まれ、暴れようともしない。
過去とは、生ゴミのようなものだ。
これまで歩んできた過去から未来を創造する既定路線ではなく、創り出したい未来から現在の状況を創り出していくブレイクスルーが必要だ。
一度きりの人生、後悔なき航海しよう!

« タロットから 8/11の伝言です | トップページ | 懐かしのビデオ »